五反地清一郎 オフィシャルブログ人狼【人狼】初日に気をつけていること!〜「怪しい」の基準

【人狼】初日に気をつけていること!〜「怪しい」の基準

人狼を始めたての頃って、「初日」にどうしたらいいかわからないですよね。

みんな村人に見えたり、みんな人狼に見えたり。
基本的には怪しい人を吊るわけなのですが、その「怪しい」の基準について考えてみました。

「怪しい」とは

まず、注意したい点は【 緊張している ≠ 怪しい 】ということ!
緊張しているからといってその人が人狼であるとは言い切れません。

はじめましての人が多い場合や、生放送の場合などはそりゃ誰でも緊張します。そこに役職は関係ありません。(たまに、本当に人狼を引いて緊張してしまう人や、逆に本物の占い師で緊張してしまう人もいますが…)

この「緊張している」を推理の軸としてしまうと、本物の役職者を「緊張している」という理由だけで吊ってしまうため、かんたんに間違えてしまいます。
人狼的な言葉でいえば、ミスリードします。

僕の得意なやつですね(´・ω・`)

しかも間違えてしまうだけでなく、吊られた人の納得感もあまり得られません。
怪しく見える理由も「緊張しているから!」以外の言い回しで、うまく伝えられるといいですね。

同じ人にずっと話させない!

そして、もう1つ注意したいこと!
それは、同じ人だけにずっと話させないことです。

「ずっと同じ人が話している」ということは、他の人が全く話せていないということになります。
結果として、大多数の意見を汲み取れていないため、怪しい人だらけになってしまいます。
狼陣営からすると、かなり楽な展開ですね。

村人陣営の人は極力この状況にならないように、「意見が聞けていないなぁ」という人には、積極的に質問をしてみた方がいいです。
はじめましての人が多くて緊張している場合は、溶け込めるきっかけになります。
初対面の人に向かって話しかけるのって、結構勇気がいるものですからね!

話の展開によっては村人っぽい人を見つけることができ、投票対象を狭めて人狼を吊りあげる確率をあげることができるかもしれません!

楽しく遊べるプレイヤーであるべし

仲間内でやっていると「いつもと違う!」的ないわゆる「メタ読み」と言われるものがあります。
メタという言葉自体は、「高次な~」「超~」といった意味合いがあり、「理屈を超えた」という解釈をするとしっくりきそうです。

主観は人それぞれで見え方もちがいますし、いつものメンバーとは違う人が参加しているときにそんな話をされても、イマイチ納得できない人の方が多いでしょう。

そういった読み要素は控えるか、するとしてもちゃんと説明をしてあげた方がいいです。
いつものメンバー以外の人と壁を作ってしまう原因にもなってしまいますし、実は気をつけた方がいいものだと、僕は認識しています。
軽く説明してあげるだけで全然見え方も違うと思いますしね!

何を良しとするかは人それぞれですが、初めたての人とでも楽しく遊べるようなプレイヤーでありたいものです。

では今日はこのへんで、また(・ω・)ノ