五反地清一郎 オフィシャルブログ人狼【人狼振り返り/17.01.29】鬼の強さが引き金に ~その5~

【人狼振り返り/17.01.29】鬼の強さが引き金に ~その5~

来ました、4日目

ルーサーを襲撃することに成功して一安心の人狼陣営。
正直、ここで騎士の護衛成功が出るとかなり負けに近付いていたと思います。

今こそ、新井さんを見捨てる時!

今日は、どちらの占い師が本物なのかの推理でも、パワープレー(以後、PP)が起きない為のセオリー上でも、新井さんを吊らなければいけない日です。昨日、平はちろーさんを吊ったのと同じ理由ですね。

僕は「新井さんが本物の占い師だ!」という主張を一生懸命してきましたが、ここからは180度切り替えるべきタイミングです。

あっさり自分の非を認めて、思考を切り替えたことを村の人たちに伝えます。

本物の占い師がルーサーである場合

確定で人狼なのは、新井さん。

残り2匹の人狼は以下のうちの誰かです。

①その他で占っていない人
フランク
ヒルダ
武中さん

②占わずに吊られた人
はなうさ
平さん

ただし、今日新井さんを吊って次の日が来るので、はなうさと平さんが2人とも人狼であるというケースがないことは明日わかります。

その為、占っていない人の中に最低1匹の人狼がいることは確定です。

この時のプラン

僕はずっと新井さんを本物と主張していたことで、マイナス要素を抱えています。その為、自分は吊られる前提で既に考えていて、仲間のヒルダに全てを託すつもりでいました。

はなうさと平さんに投票しているヒルダが、他の村人にどう評価されるかで勝敗が分かれるだろう、と予想していたので
「今もうこの村には、人狼が1匹しかいない!」
という主張を強めにします。

こうすることで

吊れた1匹の人狼を誰が攻撃してきたか?
もしくは、
吊れた1匹の人狼が今生きている人の中で誰を攻撃していたか?

を推理の材料にしてもらえる可能性があり、ヒルダに有利に働きます。

だいたい、僕とフランクが吊られて、
デイジー
武中さん
ヒルダ
の最終日になるだろうと思っていました。

この時まではw

投票時、が出現!w

各自が考えを述べながらも投票は新井さんに集まります。

ただ、デイジーが投票をする時、と呼ばれるその所以を見せつけます。

「今日、誰が襲われるかというのはすごくヒントになると思うんですよ!私が疑っているのは、五反地さんとヒルダです!

と明言。もう本当にその通りですよwさすがですww

焦る僕とヒルダ。から逃れることは出来るのだろうか。

に見えん!!!w

新井さんが処刑されて夜のターンに。

を襲撃せよ!

だいたい僕とフランクは吊られると予想しているので、ヒルダに噛み先を託します。

ヒルダの指定はデイジー

今後の戦いを考えると、この時点で既にヒルダを疑っていることを明言しているデイジーを生かしながら戦うのはかなり厳しいでしょう。僕も同意をして顔を伏せます。

護衛成功への対策

この村での襲撃先は役職者へ向けたものがほとんどだった為、騎士は はなうさ平さんでない限りは生存しています。

ここで護衛成功が起きてしまうと、デイジーの投票時の推理が当たっていることを証明するような形となり、かなり危機的な状況になります。

その為、もし護衛成功が起きたら真っ先に自分で騎士COをしようということはこの時点で決めていました。

これは、あくまで「襲撃先はデイジーではない」ということを主張したいからです。

これを認めてしまうのは、デイジーの推理が正しいことを認めてしまい、結果として僕だけでなくヒルダも吊られてしまうからです。

僕の護衛先は、デイジーがもう1つの襲撃先候補として挙げていた武中さんに。

これは、
「デイジーの推理が当たっていた場合はデイジーが襲撃されているだろうから、その推理は間違っている」
と主張してデイジーを説得する為でした。

武中さんが騎士COをしてきても、ルーサーが本物の占い師である場合、まだ狂人の場所は明らかではない為、そこを使えばいいと思っていました。

一番騎士であってほしくないと願ったのは、フランクでした。フランクに言われた時だけは、対抗が人狼である可能性を追求しないとヒルダを疑わなければならない展開となり、かなり苦しい状況になることが予想できたからです。

誰を襲撃してもそこそこ護衛成功は起き得るなぁと思いながら、「デイジーが騎士であれ!」と念じて次の日を迎えます。

僕が騎士COをしたのは、であるデイジーの推理が鋭すぎたからなんですね。
これがきっかけで、カオスな日が訪れます。
騎士COの背景には実はこんなことがあったんだよ~というのが伝わればと思います。

さて、長くなりましたが、多分次で最終回です。
色々書くと、1日で1回分になっちゃうね!

それでは!