五反地清一郎 オフィシャルブログ人狼初日に役職が潜伏をした時に気を付けること【上級者向け?】

初日に役職が潜伏をした時に気を付けること【上級者向け?】

先日行われた麻雀プロ回の放送

で、たまたまそういう場面があって自分も活躍していたので(勝ったとは言ってないw)、今回はこのテーマについて。

初日に役職者が潜伏を選択した場合

初日に役職者が潜伏を選択した場合
2日目に役職者が何名か名乗り出たとして
初日に全員が役職をCOした場合に比べて考慮すべきパターンが増えます。

追加されるパターンは

占い師が襲撃された
霊媒師が襲撃された
狂人が襲撃された

この3つです。
村人陣営は①②を否定することができれば、
「役職が抜かれた!」
という心配をせずに推理を進めることができます。

ただ、前提として 完全に否定できる という場面はあまりありません。
ここでも推理が求められます。

その為、初日に役職が潜伏をすると難度が増すことになり、易しいゲーム展開とは言えません。

初心者会や優しい人向けの会なのであれば、初日に役職者にカミングアウトをしてもらった方が、信用もされ易いし人狼ゲームを分かり易く楽しめるように思います。

結構、人狼始めたての人を前に潜伏の作戦もやってみようという場面を見かけるので、これらを理解した上で進行してあげる方が僕はみんなが楽しめるように思っています。

今回の3戦目は、霊媒師を推理で否定できたものの、

「そういえば占い師の可能性もあったね!」

というオチをつけて終わった、優しくて楽しい田中 巌パパ!w

勝とうと負けようと、こういう風に楽しく終われるのって本当に良いですよね(^^♪

今いる役職者が両方偽物のケースなんてそんなに多いようには思いませんが、
とはいえ上級者たるもの、リスクへのケアはしっかりと考えておきたいもの。

まとめ

今回、大浜さんが本物の占い師であることの可能性に気付き、その論を推すことができたところまでは僕自身の成長の結果と言えます。

とはいえ、最後に新井さんから投票を受けた段階で人狼を当てることができても、正直それでは手遅れなんですよね。

これからはそのパターンにより早く気付き、そして周りを説得する力をつけることが課題となりそうです!

論理的思考に基づき、人狼力の基本を付けていかないと視聴者さんもがっかりしちゃうからね。これからも日々精進!