五反地清一郎 オフィシャルブログ人狼【人狼】意思疎通の基本は 相手の話を100%聞くこと。

【人狼】意思疎通の基本は 相手の話を100%聞くこと。

お久しぶりです!

なかなか継続とは難しいですね。。。

「場合分けとかブログで書く必要もはや要らなくないか?」

と思いそこで止まってしまいました^^;

宣伝

分からない人の為にわかり易い内容にしようと心掛けまして、
この度、初心者用オープン人狼会3週間連続で池袋の隣駅、大塚で行おうと思っているので、

これを機に観る専だったけどやってみよう!

という方は是非来てみてください!

議論時間に喋れるようになりたい!」という人の練習にもなるはずなので、そんな人も是非!

【3週連続開催】GTNJ初心者用オープン人狼会

本題

さて、先日麻雀プロの人狼 スリアロ村に人狼TLPTの方々が来村され、共演させていただきました。
3戦目が非常に盛り上がったので、是非今からでも観てみてください!

タイムシフトは113まで。

僕もそれなりに活躍しましたよ!それなりにねw

【人狼TLPT】麻雀プロの人狼スリアロ村:第八十四幕【vsスリアロ】

その際に、
ダンカン役 池永 英介さん


のプレーを見て、そういえば、と思ったことを書きたいなと思います。

意思疎通の基本は 相手の話を100%聞くこと。

意思疎通というのは、仕事でも家庭でも日常ですることなのですが、
特に仕事や人狼ゲームのような対話のゲームでは大事なことのように思います。

その際に割とよくあるのが

質問で聞いていることと違う回答が返ってくる、もしくは返している

ということです。

たとえば、

~~~~~~~~~~~

Q. 誰を怪しいと思っていますか?
に対して
A. ~~~~という行動から〇〇は人間かなと思います。

という回答。

~~~~~~~~~~~

これは、Q側の欲しい答えに直すと、A. 〇〇さん以外は怪しい。」
というのがシンプルな回答です。

にも関わらず、まず違う方向に答えが返ってきそうな理由から始まり、意図を汲み取るのに少し改良が必要な答えが返ってくるというのは、スムーズなやりとりとは言いにくいですね。

ただ、

まぁ多分、〇〇さん以外が怪しいんだろうなぁ。)

と基本は解釈するのですが、

Q.では〇〇さん以外はわからないということですね?
と聞くと、
A. いや、そうでもなくて~~~

ということもたまに始まって、考えながら発言する時間を取ってしまうことも度々あるようです。

 

これってなんで起きちゃうの? 

会話は本当に日常的に行われます。

日常では、何かをしながら話すということがざらにありますよね。

日頃から100%相手の話を聞きながら会話をする 」

ということは不可能なので、自然と相手の話を最後まで聞かずに

(まぁ大体こういうことを聞きたいんだろうなぁ!

という感覚で話をすることの方が多いわけです。

その習慣が「聞かれたことと違う回答をしてしまう」ことの原因です。

ちょっとその節があるなぁと感じる人は、並行思考をする習慣がある人なのですが、それ自体のベースとなる質問を100%受け止められないと、そもそも思考している方向が違うと無駄になるという可能性も考えてみると、より注意できるかもしれません。

違うことを考えながら人の話を聞くと、だいたい70%くらいしか聞けない印象があります。議論中に発言したい人がずっと手を挙げている時は、だいたい30%くらいしか聞けていないように思います。自分の話すことに集中していますからね。

結果として最も重要な部分を聞き間違えたりすることもあります。

日本語だと最後に来ることが多いのかな。

~~だと思うのか。~~だと思わないのか。

上級者になってくると、思考の過程に人間要素を求めてくるようになると思います。

身内切り、という戦術があることで投票の情報価値が下がる為。)

その過程を拾う為に、相手の話を100%聞くことが重要になってきます。
質問の意図が大切になり、かつ相手の質問にスムーズに返答することで他のやりとりに時間を使えるようになるからです。

池永 英介さんのプレーはどれも素晴らしいのですが、特にこの点があの日は強く印象に残りました。

聞かれたことに、正しく答える。

簡単に聞こえることですが、我々の日常生活の中から突然これを行うことは、実は意識しないとなかなかできないことだったりします。

たまに何と答えれば良いのかわかりにくい質問だなぁと感じることもあるのですが、その時は質問の確認をこちらからし直すことで解決できます。

 

さて、早速今日これから実践してみましょう!