五反地清一郎 オフィシャルブログ麻雀飯田正人杯・最高位戦Classic

飯田正人杯・最高位戦Classic

僕の所属は日本プロ麻雀協会ですが、最高位戦日本プロ麻雀協会という他の団体が主催している

飯田正人杯・最高位戦Classic

という大会に出場してきました。

ルール

こちらの大会では、

リーチをしても一発と裏ドラがつかない
ノーテン罰符がない
アガリ連荘(親はテンパイだけでは親が流れてしまう)

などなど、普段対局しているルールとは大きく異なります。

あがらない限り点数が増えない

当たり前のようで、実は結構ノーテン罰符って大きかったんだということを実感できるルールになっています。

あるプロの言葉をかりると
「麻雀の本質、という感じがする」

麻雀の本質が何なのかなんて若輩者の僕にはわかりませんが、ひょっとしたらそうかもしれない!と感じました。

何が言いたいかって、普段やらないルールで1回のアガリの価値が非常に大きい為、

打っていて非常に楽しかった!

というチープな話なんですけどねw

チーする?

例えばですが、

東3局  東家 ドラ ④ 5巡目
二三七九⑦⑧⑨789發發北

八發が1枚ずつ切れていて、西家にタンヤオっぽい仕掛けが1つ入っています。
そして、ここで北家から八が切られます。

さて、これはチーするべきか?

普段のルールならば、
リーチをかけて流局しても点数が貰える
あがった時に貰える点数が増えて、かつ流局してもさらに親番(攻撃力1.5倍のターン)が出来る

などといったことがあり、チーをせずにリーチが打てるまで我慢する人が多いと思います。

しかし、今回のルールはリーチを打っても流局してしまえば マイナス1,000点。
ただの失点となってしまいます。

着順による点数の振り分けは
1着 +12,000点 、 2着 +4,000点 、 3着 -4,000点 、 4着 -12,000点
となっています。

1つの着順が変わると8,000点の変動があります。

この時、既に西家の人に1000 / 2000 をツモられていたので
(着順変動を考えるにはまだ早いかもしれないなぁ。。。)
と思いながらも、流局をしても点棒が一切変わらず加点方法がアガりしかないこのルールで、現状を優位にすることが結構大切なのではないかと考えて
「チー!」

二三⑦⑧⑨789發發 チー八七九 ドラ④

役は三色同順。一であがるとチャンタもつきます。
すぐにトップ目の西家から四が出て
「ロン。1,500」

この時、同じ会社で働いている
秋葉 啓之プロ

と同卓していたので、全ての対局が終わり家に帰っている最中にこの局について意見を求めました。

「基本的にクラシックは少しの加点も大事だと思うので、自分はチーすると思います。ただ、西家以外からは四を1枚はスルーしそう。チーしなければ12,000点もあり得る手牌なので、八をチーしない人もいるかもしれませんね。」

ふむふむ。
四をアガらない

そんな選択肢もありましたね。

僕の思考としては、發をポンしてチャンタを目指す構想もありました。

二⑦⑧⑨789 ポン發發發 チー八七九

いつかは西などを持ってきて
發・チャンタ・三色の5800点 が最高形かなぁと思っていました。

⑦⑧⑨789西 ポン發發發 チー八七九

常にアガれる状態にしておきながら、打点向上を図っていく。
そんなつもりでチーをしたこの手牌は、一瞬で1,500点に確定。

んー。どうなんでしょうね。

この八をチーせずに、他の人に八をもう1枚切られたらもう絶望的だなぁとも思います。一体何が正しいのやら。

結果!

こういったことを反省しながらまた次に挑めることを嬉しく思います。
戦績は
1着―4着―3着―1着―2着

2回戦目の4着ですが、素点 -1,100点。
30,000点から始まって28,900点持っていたのにも関わらず4着というものでした。
すげぇな、Classicルール。

次回の対局は7月15日
最高位戦Classic本戦。頑張ってきます!